【徹底解説】独立の定義

本記事は「これなら分かる!はじめての数理統計学」シリーズに含まれます。

不適切な内容があれば,記事下のコメント欄またはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

目次

独立

2つの事象$A$と$B$が以下を満たすとき,$A$と$B$は独立であるという。

\begin{align}
P(A \cap B) &= P(A)P(B)
\end{align}

独立という概念は,確率の掛け算によって定義されています。2つの事象の(積集合の)確率が,各々が起こる確率の掛け算として定義されるときに,この2つの事象が独立であると定義されます。2つ以上の$n$個の事象に対しては,その中の任意の$m$個の事象に対して上記定義式が成立するときに,$n$個の事象は独立であるとします。

参考文献

本稿の執筆にあたり参考にした文献は,以下でリストアップしております。

コメント

コメントする

※ Please enter your comments in Japanese to distinguish from spam.

目次