【AWS認定資格】全12冠の最適な取得順序

AWS認定試験に最短最速で合格するための方法を伝授します。

目次

はじめに

AWS認定資格は基礎レベル・アソシエイトレベル・プロフェッショナルという3つのレベルと,設計・運用・開発・専門知識という4つの分野に分けられます。専門知識は6つの分野に分けられています。

AWS認定資格全12種

本稿では,AWS認定資格全12冠の最適な取得順序を筆者の独断と偏見でまとめます。

結論

元も子もないですが,AWS認定資格の難易度は受験者のバックグラウンドによって異なります。そこで,本稿では全くのAWS初学者かつ特定の分野に関する知識も有さない受験者にとっての難易度を考えます。このような仮定の下では,AWS認定資格全12冠の最適な取得順序は下図のようになります。

AWS認定資格全12種類の最適な取得順序

本稿の信憑性について

筆者のAWS認定資格受験履歴

筆者はAWS認定資格をストレートで12冠しています。

AWSに触り始めたのは2022年後半からで,それまでは「AWSとは何か」すら理解できないレベルでした。その後,ベーススキルの底上げを目指して,2023年1月末に基礎レベルのクラウドプラクティショナー(CLF)を取得しました。その後,2月〜4月頃までAWSの勉強は中断していましたが,2023年5月頃から再度勉強を開始しました。その流れで,2023年5月末にアソシエイトレベルのソリューションアーキテクト(SAA)を取得しました。その後,6月中旬から勉強のギアを上げ,6月末から8月中旬にかけて残りの10個の認定資格を取得しました。

6月中旬からギアを上げた後は,平日は平均5時間ほど,休日は平均14時間ほどAWSの勉強をしていました。各認定資格は大体1週間に1度のペースで受験していますので,単純計算で各資格に対して40時間ほどの学習時間を充てていたことになります。

バックグラウンドとしては情報系の大学院出身なのですが,AWSに関しては本当にゼロからのスタートでした。具体的には,EC2すらまともに立てられないレベルでした。それゆえ,読者のみなさまにとっても十分再現性のある情報を提供できると考えております。

詳細

まず,下記のAWS認定資格全12種類の難易度ランキングをご確認ください。

基本的には難易度の低い順から取得していけばよいです。一般的な風潮としては,

  1. 基礎レベル
  2. アソシエイトレベル
  3. プロフェッショナルレベル
  4. スペシャリティレベル

の順番で取得するのがよいとされています。筆者としては,最初に基礎レベルのクラウドプラクティショナーを取得することは完全に同意です。次にアソシエイトレベルの認定資格を取得することも完全に同意です。これによって,問題文に合わせて適切なAWSのソリューションを導き出す練習を行うことができます。

筆者は,プロフェッショナルレベルの認定資格よりも一部のスペシャリティレベルの認定資格を取得してしまった方が,効率良く知識を吸収できると考えています。プロフェッショナルレベルの認定資格は総合格闘技であり,問題文で与えられた複合的な条件をもとに最適なソリューションを導き出す必要があるため,スペシャリティレベルの専門知識も要求される問題も多いのです。

そこで,スペシャリティレベルの中でも比較的問題文が短く,総合格闘技で用いる専門知識の準備を行うことができる下記のスペシャリティレベルの認定資格はプロフェッショナルレベルの認定資格よりも先に取得してしまうことを推奨します。

  • DBS(データベーススペシャリティ)
  • DAS(データ分析スペシャリティ)
  • MLS(機械学習スペシャリティ)
  • SCS(セキュリティスペシャリティ)

これら4つの認定資格は共通部分が多く,4つ順番に取得していくことで身につけた知識が忘却する前に効率良く取得することが可能になります。

スペシャリティレベルの認定資格の中でも,PASとANSはやや特異な位置付けとなっています。PASは3rdパーティーのツールをAWS上でどのように動作させるかを問う認定資格であり,アソシエイトレベルおよび一部の専門知識の認定資格で身につけた知識を,実践で応用するための練習を行うことができます。ANSは全12種類の認定資格の中でも随一の問題文の長さを誇っており,問われる内容の深さも群を抜いています。これらを踏まえると,PASは上記4つのスペスアリティレベルの認定資格を取得した直後に取り組むのがよく,ANSは総合格闘技であるプロフェッショナルレベルの認定資格を取得した後に取り組むのがよいと考えられます。

以上をまとめると,AWS認定資格全12冠の最適な取得順序は下図のようになります。

AWS認定資格全12種類の最適な取得順序
シェアはこちらからお願いします!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 参考に読ませていただきました。ありがとうございます。

    『AWS認定資格全12種類の最適な取得順序』図中の資格の略称は
    ×「DOA」→〇「DVA」
    ×「SOP」→〇「DOP」
    ではないでしょうか。

    • 中島 様

      ご指摘誠にありがとうございます。本文中の画像を修正致しました。

コメントする

※ Please enter your comments in Japanese to distinguish from spam.

目次