【徹底解説】オイラー関数の定義

本記事は数学の徹底解説シリーズに含まれます。

初学者の分かりやすさを優先するため,多少正確でない表現が混在することがあります。もし致命的な間違いがあればご指摘いただけると助かります。

目次

オイラー関数

$1$から$m$までの正の整数の中で$m$と互いに素なものの個数を$\varphi(m)$と書き,オイラー関数という。

オイラーのファイ関数,トーシェント関数などの別名があります。トーシェントは「totative」という語が由来で,その数以下でその数と互いに素な数という意味です。ちなみに,totativeはSylvesterによって初めて使われたとされています。

シェアはこちらからお願いします!

コメント

コメントする

※ Please enter your comments in Japanese to distinguish from spam.

目次