【DB入門】リレーションスキーマの分解の定義

北川 博之著「データベースシステム(オーム社)」を参考に,データベースシステムの知識をまとめます。

リレーションスキーマの分解の定義

リレーションスキーマ$RS=\{A_{1},\ldots,A_{n}\}$に対して,$RS_{i}\subseteq RS~(1\leq i\leq m)$なるリレーションスキーマの集合$\rho=\{RS_{1},\ldots,RS_{m}\}$で,

\begin{align}
RS_{1}\cup\cdots\cup RS_{m} &= RS
\end{align}

を満たす$\rho$を$RS$の分解といいます。

補足

スキーマを属性と捉えると分かりやすいです。つまり,あるスキーマを複数のスキーマに分けるとき,分けた後のスキーマに分解前の全ての属性が含まれている場合,その分け方は分解と呼ばれるということです。例えば,$\{A,B,C\}$というスキーマを$\{A,B\}$と$\{A,C\}$に分けた場合,分けた後のスキーマに元の属性が全て含まれていることから,この分け方は分解となります。

参考文献

オーム社
¥843 (2024/04/14 00:08時点 | Amazon調べ)
シェアはこちらからお願いします!

コメント

コメントする

※ Please enter your comments in Japanese to distinguish from spam.