【超初心者向け】これで十分。ネットワークスペシャリストに最短ルートで合格する勉強法と対策

目次

はじめに

ネットワークスペシャリストは,情報系の試験の中でも随一の人気を誇る資格です。特にインフラに関わる学問や仕事をしている人であれば,ネットワークスペシャリストの取得が目標となるケースも多いです。しかし,ネットワークスペシャリストの出題範囲は非常に幅広く,初学者にとっては何から手を着けてよいのか分からないでしょう。学生や社会人の皆さんは,資格試験の勉強に割ける時間があまりないという人も多いと思います。この記事では,ネットワークスペシャリストに「最短ルート」で合格するために管理人が推奨している勉強法と対策法をお伝えしていきます。

他のIPA資格試験に関しては下記をご参照ください。

IPAの資格取得を目指す理由

皆さんがIPAの資格取得を目指す理由は何でしょうか。一般的には下記の理由が考えられます。

  • ITの教養を身につけるため
  • 会社で強制的に取得する必要があるため
  • 転職活動のアピールに使うため

どのような理由であれ,管理人がIPAの資格試験に対して推奨している心構えがあります。

IPAの資格試験は暗記ゲームだと割り切りつつ
本質的な理解や技術トレンドの把握を促す寄り道をする

(管理人のIPA資格試験に対する思想)

例えば,上記理由のうち「ITの教養を身につけるため」に該当する人は,IPAの資格取得が必ずしも目的にはならず,あくまでも手段でしかありません。ITの教養を身に付けるという目的に対し,IPAの資格取得は必ずしもベストな手段ではありません。IPAの資格対策本や対策セミナーよりも適切な書籍や教育機関が世に溢れかえっているからです。

上記理由のうち「会社で強制的に取得する必要があるため」や「転職活動のアピールに使うため」に該当する人はIPAの資格取得が目的になっていますが,IPAの資格試験を暗記ゲームだと割り切るのは少し寂しいです。たまに寄り道の勉強を行うことで,資格取得という目的を見失わずに周辺知識を拾いましょう。教科書的な書籍や過去問演習だけでなく,例えば日経XTECHを数年分読むことで,試験対策と同時に最新の技術トレンドをキャッチアップすることができます。他にも,高度試験の参考書を覗いてみるのもよいでしょう。

このような背景から本記事では,IPAの資格を取得することが目的であるという前提のもと,その傾向と対策をお伝えしていきます。ベースとしてIPA資格試験を暗記ゲームと捉え,寄り道をして周辺知識をつまみ食いしていくイメージです。

ネットワークスペシャリストについて

概要

IPAの資格試験一覧

ネットワークスペシャリスト(NW:Network Specialist Examination)は,PBT方式により年に1回実施されているIT系国家試験の1つです。情報処理技術者試験の中でも高度試験と位置付けられており,専門的な知識を問われるものです。

形式

ネットワークスペシャリスト 令和6年度春期より

四肢択一式の午前試験と記述式の午後試験に分けられます。

科目出題時間出題数合格ライン形式
午前I50分30問60%四肢択一式
午前II40分25問60%四肢択一式
午後I90分2/3問60%記述式
午後II90分1/2問60%記述式
ネットワークスペシャリスト試験の形式

午前Iの免除制度について

IPAの免除制度について

高度試験と情報処理安全確保支援士試験については,

  1. 応用情報技術者試験に合格
  2. 高度試験,情報処理安全確保支援士試験のいずれかに合格
  3. 高度試験,情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰ試験で基準点以上の成績をとる

を満たすと2年後の同時期試験(上図参照)の午前Iが免除されます。

合格率・申込数・受験数

合格率は15%前後を安定的に推移しています。基本情報技術者試験や応用情報技術者試験とは異なり,1年で合格率がいきなり20%上下に触れることはありません。受験者の出来に応じて点数調整されていることが示唆されます。

2020年度春期は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から試験実施が取りやめられ,代わりに秋期に試験が実施されました。2020年度秋期は2021年度に実施され,結果として春期と秋期が交代されました。

申込数・受験数は新型コロナウイルス感染症の影響を強く受けています。他のIPA資格試験のデータに関しては下記をご参照ください。

試験範囲

2024年10月〜の試験要綱を参照しています。詳しくはIPA公式HP上の試験要綱とシラバスをご参照ください。

ネットワークスペシャリスト試験の試験範囲は膨大で,午前試験では下記が問われます。全体の7割程度をテクノロジ系が占めており,いわゆる「情報の授業」の延長線上のような内容が出題されます。

  • テクノロジ系
    • 基礎理論:基数/論理演算/待ち行列/符号理論/伝送理論/信号処理など
    • アルゴリズムとプログラミング:データ構造/アルゴリズム/プログラミング言語など
    • コンピュータ構成要素:プロセッサ/メモリ/デバイスなど
    • システム構成要素:仮想化/冗長化/性能指標/信頼指標など
    • ソフトウェア:OS/ミドルウェア/ファイルシステム/OSSなど
    • ハードウェア:電気回路/論理設計/半導体素子など
    • ユーザーインタフェース:情報アーキテクチャ/アクセシビリティ/ユニバーサルデザインなど
    • 情報メディア:音声処理/画像処理/動画処理/色の表現など
    • データベース:DBMS/論理設計/正規化/SQL/排他制御/データマイニングなど
    • ネットワーク:OSI参照モデル/プロトコル/ルーティング/障害管理など
    • セキュリティ:暗号技術/公開鍵基盤/セキュアプロトコル/リスクアセスメントなど
    • システム開発技術:要件定義/システム設計/モジュール設計/テスト手法など
    • ソフトウェア開発管理技術:アジャイル開発/DevOps/知的財産管理など
  • マネジメント系
    • プロジェクトマネジメント:プロジェクト計画/スコープ定義/コスト見積もり/品質計画など
    • サービスマネジメント:SLA/問題管理/運用管理/パフォーマンス評価など
    • システム監査:監査人の倫理/監査の計画/内部統制など
  • ストラテジ系
    • システム戦略:ビジネスモデル/業務モデル/情報システム戦略評価など
    • システム企画:要求分析/非機能要件定義/サプライチェーンマネジメントなど
    • 経営戦略マネジメント:経営戦略および分析/マーケティング理論/バランススコアカードなど
    • 技術戦略マネジメント:技術動向/投資計画/特許取得など
    • ビジネスインダストリ:IoT/AI/EC/情報通信機器など
    • 企業活動:コーポレートガバナンス/行動科学/在庫問題/財務会計など
    • 法務:不正競争防止法/サイバーセキュリティ/労働基準法/コンプライアンス/標準化団体など

午後試験では下記が問われます。

  1. 企画・要件定義・設計・構築:論理設計/物理設計/信頼性設計/セキュリティ設計など
  2. 運用・保守:監視/バックアップ/セキュリティ管理など
  3. ネットワーク技術:トラフィック制御/仮想化技術/無線LAN技術など
  4. サービス活用:市場で利用されている技術/現行システムからの移行など
  5. アプリケーション技術:電子メール/ファイル転送/Web/コンテンツ配信/IoTなど
  6. ネットワーク関連法規・標準:国内標準/国際標準/その他規格など

傾向と対策

まず最初に一番やってはいけない勉強法をお伝えします。それは「長い期間かけてダラダラ対策をする」ことです。上で述べた通り,IPA資格試験は暗記ゲームとして割り切りたいです。IPA資格試験では,IT系の基礎的な知識を網羅するために深い仕組みや背景などは無視して用語や計算問題が問われるからです。資格試験の性質上これは仕方ないことで,各分野で深い理解を問うような出題をしていたら膨大な範囲の試験をカバーすることができなくなってしまいます。この試験範囲の広さから,ダラダラ勉強するとIPA資格試験の対策は途中で挫折しがちです。

ここで一つ合格のポイントがあります。IPA資格試験の合格ラインは60%とかなり低めに設定されていることに注目しましょう。半分ちょっと正解すれば国家試験に合格できてしまうのです。つまり,IPA資格試験において全ての範囲を完璧に仕上げる必要はないということです。以下ではこのスタンスで勉強法と対策をお伝えしていきます。

試験対策の心得

勉強して知識を得る営みは,タンスに服を片付ける行為とよく似ています。皆さんは何も意識せずとも,タンスの引き出しをそれぞれ「上着用」「下着用」「小物類」などと使い分けていますよね。そうしないと,どこに何の服が入っているか分からなくなってしまうからです。勉強も同じです。何も考えずにただ知識をつけてしまうと,その知識をどのように使えばよいのか分からなくなってしまうのです。

筆者は,勉強内容を分野ごとにマッピングすることが重要だと考えています。これはIPA資格試験の対策だけに限らず,中学校や高校の定期試験,大学受験,大学院受験にも通じる考え方で,筆者が勉強人生を通じて意識していることです。知識の引き出しを用意して名前をつけること,すなわち自分が勉強して得た知識がどの領域に属するのかを明示的に意識することを,管理人は「知識にラベルを付ける」と表現しています。具体的には,勉強して知識を得るときは,目指している資格の出題範囲を把握し,必ず「この知識は出題範囲のどこに属する内容なのか」を意識したいです。

ラベルを付けるという表現は,知識にインデックスを貼ると表現してもよいでしょう。DBパフォーマンス向上の文脈で登場する概念であるインデックスを使った比喩になります。

実際の試験では,制限時間が設けられます。せっかく引き出しにラベルが付けられても,タンスから所望の衣服を取り出す練習をしなければ手間取ってしまうでしょう。そこで,本稿では午前対策を早々に切り上げた後に,時間の許す限り午後問題を用いた演習を推奨しています。書籍で知識のベースを身につけた上で,演習でタンスから衣服を取り出す練習を行いましょう。

対策の流れ

STEP
知識の網羅

管理人推奨の参考書を一周します

STEP
午前問題の過去問演習

ネットワークスペシャリストドットコムを利用します

STEP
午後問題の過去問演習

管理人推奨の参考書を利用します

STEP
間違えた問題のポイント集を作成

試験勉強のコツは「一度間違えた問題を二度と間違えない」ことです

知識の網羅

技術評論社
¥2,860 (2024/05/19 13:17時点 | Amazon調べ)

ネットワークスペシャリスト対策の書籍としては,左門さんの書籍が非常に人気があります。主に午後試験の解説書籍が有名ですが,ネットワークスペシャリスト試験に必要となる最低気の知識を網羅できる教科書が発売されました。出るとこネスペ教科書あALLすれば本当に必要最低限しか書かれていない書籍で,一冊目に最適です。ネスペワークブックは左門さんのセミナーを書籍化したもので,手を動かしながらネットワークスペシャリストで必須となる知識を身に付けることができます。

SBクリエイティブ
¥2,587 (2024/05/21 18:40時点 | Amazon調べ)
オーム社
¥2,372 (2024/05/19 21:45時点 | Amazon調べ)

「出るとこネスペ教科書」や「ネスペワークブック」だけでは午後試験に立ち向かえる知識を得ることは難しいため,管理人としては上の二つの書籍のうちいずれかを熟読することをおすすめしています。みやたひろしさんの書籍はどれも分かりやすく人気です。大量の図が使われているだけでなく,解説も少しニッチな部分に片足を突っ込んで解説しているため非常にバランスの取れた参考書です。マスタリングTCP/IPは名著中の名著です。昔から読み続けられている定番の書籍で,複数シリーズ展開されているうちの入門編という位置付けのものです。みやたひろしさんの書籍と比べて図の分かりやすさは劣ります。

みやたひろしさんの書籍はどれも分かりやすいです。他のおすすめ書籍を紹介しておきます。管理人はどれも目を通しましたが,どれも一読の価値があります。最優先は図解入門TCP/IPですが,余裕のある方はぜひチャレンジしてみてください。

図解入門TCP/IP以外のおすすめ書籍
SBクリエイティブ
¥3,450 (2024/05/19 13:17時点 | Amazon調べ)

ネットワークの知識は手を動かすと身につきやすくなります。この書籍は図解入門TCP/IPと同じくらい図が豊富でありながら,パケットキャプチャやネットワーク設計を体験できるような内容となっています。

SBクリエイティブ
¥2,950 (2024/05/11 11:00時点 | Amazon調べ)

「体験しながら学ぶ ネットワーク技術入門」よりもパケットキャプチャの使い方に焦点を当てています。

「インフラ/ネットワークエンジニアのための」シリーズです。文字と図のバランスはマスタリングTCP/IPと図解入門TCP/IPのちょうど中間に位置する書籍です。図はフルカラーではなく,グレースケールもしくはモノクロとなっています。実務寄りの知識を身に付けることができるため,ネットワークスペシャリストで出題される問題のユースケースを想定した学習に有効です。

よりニッチな内容まで網羅したい方向けの書籍です。専門書籍ではないものの,ソケットまわりについて本質的な理解を促すことができます。自分がLANケーブルの内部に侵入したような気になれる書籍です。

SBクリエイティブ
¥2,970 (2024/05/17 09:45時点 | Amazon調べ)

特に最近のネットワークスペシャリスト試験で顕著なのですが,セキュリティに関する内容が狙われることが多いです。上記書籍で暗号技術に関する知識を網羅しておくことをおすすめします。この書籍は他のどの書籍よりも分かりやすく,誤魔化さずに暗号技術を解説していると考えています。

午前試験の過去問演習

参考書を一周した後は,過去5年分の午前過去問を回しましょう。ネットワークスペシャリストドットコムさんは非常に優秀なサイトで,年度を指定したり,間違えた問題だけを指定したりして過去問を解くことができます。ネットワークスペシャリストの午前試験では毎年同じ問題が出題される可能性が高いですが,5年以上前の古い問題では答えが変わっている可能性があるため,最低5年,せいぜい10年程度の過去問演習で十分でしょう。なお,ネットワークスペシャリストドットコムさんでは古い問題の解答が変わっていれば注釈がつけられていますので安心してください。

最初のうちは分からない用語や概念が多すぎて嫌になってしまうかもしれません。上で挙げた書籍を何周もして知識を完璧に身に付けてから過去問を回す手もありますが,分厚い書籍を隅から隅まで暗記することは難しいですし,ほとんどの人が挫折すると思います。それは内容の難しさではなく,勉強量と労力に対して挫折してしまうのです。全分野を完璧に理解・暗記してから過去問に取り組むのは,確かに完璧な流れではあるのですが,相応の覚悟が必要です。最も効率よく最短ルートで合格を目指されるのであれば,上述のようにまずは参考書1周して試験の全体像を掴み,過去問を回して出題範囲を意識しながら分からない問題を潰していくという方式が最適だと考えています。

過去問演習時は必ずつまずいたポイントをまとめておきましょう。この方法はIPA資格試験に限らず問題演習形式の試験対策で筆者が強く推奨している方法で,例えばAWS認定資格試験の対策でも有効な手段でした。間違えた部分や理解できなかった部分のまとめ方は,ノートやNotionなど何でもよいです。管理人の場合はブログ上で見直しポイントをまとめています。

午後試験の過去問演習

上でも言及しましたが,午後問題の対策本としては左門さんの書籍が定番中の定番です。ネスペといえば左門さんを想起させるほど,長い間ネットワークスペシャリスト試験対策に尽力されている方です。ネスペ解説本の歴史は古く,粕淵さんと平田さんにより2009年度(平成21年度)から解説が始まっています。2012年度(平成24年度)の解説書の販売はありませんが,翌年2013年度(平成25年度)から左門さんがメインとして書籍の販売を引き継いでいる形となっています。

2013年度(平成25年度)のタイトルはネスペの剣25で,それ以降の2019年度(令和1年度)まではネスペ{和号} {漢字一文字}というタイトルになっています。2019年度(令和1年度)以降のタイトルはネスペ{和号}で統一されています。なお,2020年度(令和2年度)秋期は新型コロナウィルスの影響で試験は翌年の春期に延期されたため解説書の発売もありません。2016年度(平成28年度)のタイトルはネスペの基礎力であり,参考書テイストの書籍の中に過去問解説が内包されています。

管理人は全ての年度に取り組みましたが,その必要はありません。ネットワークスペシャリスト試験では比較的新しい技術も取り入れられた出題がなされるからです。管理人としては少なくとも直近3年度分の午後Iと午後IIを全て解くことをおすすめしています。

技術評論社
¥2,860 (2024/05/17 13:42時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,803 (2024/05/17 13:42時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,673 (2024/05/14 23:05時点 | Amazon調べ)
直近3年以前の解説書はこちらより

上でも述べた通り,2020年度(令和2年度)秋期は新型コロナウィルスの影響で翌年の春期に延期されたため,解説書の発売もありません。2016年度(平成28年度)のタイトルはネスペの基礎力であり,参考書テイストの書籍の中に過去問解説が内包されています。

技術評論社
¥2,889 (2024/05/19 13:17時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,728 (2024/05/19 13:17時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥1,574 (2024/05/21 13:12時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,760 (2024/05/12 03:33時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,618 (2024/05/14 23:05時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,618 (2024/05/11 11:00時点 | Amazon調べ)
技術評論社
¥2,458 (2024/05/21 16:03時点 | Amazon調べ)

時間配分サンプル

難易度は午後試験の方が圧倒的に高いです。しかし,午前試験の知識は午後試験で存分に活用できるため,午後試験しか対策しないという方針はおすすめできません。限られた勉強時間をどのように配分するかという点がポイントになります。仮に試験日を1ヶ月後に定めたとした場合,以下のような勉強時間の配分をするとよいでしょう。

  1. 知識の網羅:直近土日の2日間
  2. 午前試験の過去問演習:1週間
  3. 午後試験の過去問演習:2週間
  4. 間違いポイントの復習:随時+残り時間

土日の2日間で分厚い参考書を読破するのは難しいように思えます。しかし,2日間丸々勉強に捧げれば十分可能な目標だと思っています。何度もお伝えしている通り,全てを完璧に理解する必要はありません。過去問演習時に間違えた問題は随時参考書に立ち戻ってノートやNotionにポイントをまとめておけば,必ず合格ラインに到達することができます。

プラスアルファを求める方へ

IPAの資格試験は暗記ゲームだと割り切りつつ,たまに本質的な理解や技術トレンドを把握するための寄り道をするべきだとお伝えしましたが,特に後者の「本質的な理解や技術トレンドの把握」を行うためには日経XTECHの活用をおすすめします。特に管理にが愛用しているのは日経NETWORKです。有料となってしまいますが,良質な記事が多いです。特におすすめの特集を下記のページでまとめています。

左門さんのネスペワークブックでも紹介されていますが,応用情報のネットワーク分野に取り組むことも立派な対策となります。高度情報の下位に位置する試験ではありますが,難易度はネットワークスペシャリストの午後Iとほぼ同程度です。午前対策も午後の過去問も回し切ってしまった方が是非取り組んでみてください。

おわりに

ネットワークスペシャリストで立ちはだかる壁は以下の2つです。

  1. 大量のアルファベット略称
  2. 日本語力を試される午後試験

ネットワークスペシャリストの取得を目指す多くの人は国家資格を取得すると意気込んで勉強を始めますが,一週間も経たないうちに勉強するべき分野の多さに挫折してしまいます。その理由の1つが「アルファベットで略す概念の多さ」です。多くのプロトコルをアルファベットの略称で表すことが多いのですが,どれも似通っていて英語の原義を理解しても覚えるのは大変です。上でお伝えした通り,タンスの引き出しにラベルをつけておけば「このプロトコルはこのレイヤーでこの用途」というイメージを湧かせながら勉強することができるため,効率よく知識を吸収できます。

このような背景から,もし基本情報を取得済みでない方はまず基本情報に合格することを管理人は推奨しています。2019年以前は基本情報もPBT方式で実施されていましたが,2020年以降はCBT方式で実施されており年中通して基本情報を受験することが可能です。下記の記事を参考にして,まずは基本情報の取得を目指してください。

ネットワークスペシャリストに応用情報は必須ではないと考えていますが,応用情報を持っているとかなり余裕をもって対策を行うことができるようになります。可能であれば取得してからネットワークスペシャリストを目指しましょう。

基本情報も応用情報も取得済みの方は,日本語力が試される午後試験の対策に時間を割きましょう。手を動かすことは面倒ですが,手を動かさずに知識を得ようとしても,血肉にならないため試験合格は難しいでしょう。「手を動かすことは正義だ」の信念のもと,残された時間を過ごしてみてください。

シェアはこちらからお願いします!

コメント

コメントする

※ Please enter your comments in Japanese to distinguish from spam.

目次