【ネスぺ対策】忘れやすいプロトコル早見表

本稿ではIPA試験で必要とされる知識をまとめます。

目次

忘れやすいプロトコル早見表

本記事では,忘れやすく覚えにくいプロトコルを以下の観点でまとめていきます。

  • 何の略称か
  • TCP/IP階層モデルにおいて第何層に属するか
  • 何を規定するプロトコルか
HDLC
項目説明
略称High-level Data Link Control
レイヤーネットワークインタフェース層
説明大量かつ高速な伝送制御手順。誤り制御にCRCを利用しているため信頼性の高いデータ転送が可能。キャラクタ単位で伝送するベーシック手順とは異なり,フレームと呼ばれる単位を採用して任意長のデータ伝送を可能にした。
PPP
項目説明
略称Point-to-Point Protocol
レイヤーネットワークインタフェース層
説明一対一で端末を接続するためのプロトコル。伝送モードは全二重方式でHDLC手順を用いる。

OSI参照モデルにおいて,イーサネットやFDDIは物理層とデータリンク層にまたがって動作するプロトコルであるのに対し,PPPは純粋なデータリンク層で動作する点に注意してください。

ICMP
項目説明
略称Internet Control Message Protocol
レイヤーインターネット層〜トラスポート層
説明IPプロトコルの「エラー通知」や「制御メッセージ」を転送するためのプロトコル。

ICMPが属するレイヤーはこちらの記事をご参照ください。

GRE
項目説明
略称Generic Routing Encapsulation
レイヤーインターネット層
説明L3でトンネリングを行うためのプロトコル。マルチキャストに対応していないプロトコルをカプセル化することでマルチキャストを可能にすることができる。ただし,GRE単体では暗号化の機能を有していないためIPsecと組み合わせて利用される。この形態はGRE over IPsecと呼ばれる。
OpenFlow
項目説明
略称-
レイヤー-
説明TCP/IP階層モデルには属さず,物理層からアプリケーション層までを新しい枠組みで規定するプロトコル。データ転送と経路制御の機能を論理的に分離し,OpenFlowコントローラと呼ばれるソフトウェアがOpenFlowスイッチと呼ばれるネットワーク機器のデータ転送の制御と管理を行う。柔軟にネットワーク構成を管理できる状態を目指し,SDNを実現しようとするプロトコルである。
SMTP
項目説明
略称Simple Mail Transfer Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明インターネットで電子メールを転送するためのプロトコル。
SPF
項目説明
略称Sender Policy Framework
レイヤーアプリケーション層
説明SMTP接続してきたメールサーバのIPアドレスを参照し,正規のサーバから送られた電子メールかどうかを検証するためのプロトコル。
OP25B
項目説明
略称Outbound Port 25 Blocking
レイヤーアプリケーション層
説明内部ネットワークからTCP/25を使った外部ネットワークへの通信を遮断することにより,スパムメールなどの送信を防ぐためのプロトコル。
DKIM
項目説明
略称Domain Keys Identified Mail
レイヤーアプリケーション層
説明電子メールのディジタル署名を検証し,なりすましや改ざんを検知するためのプロトコル。
SNMP
項目説明
略称Simple Network Management Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明TCP/IP上で機器の情報を収集して監視や制御を行うためのプロトコル。UDPを用いる。
IGMP
項目説明
略称Internet Group Management Protocol
レイヤーインターネット層
説明受信側がマルチキャストのグループに所属することを通知し,ルータがその情報を広めるためのプロトコル。UDPを用いる。
RTP
項目説明
略称Real-time Transport Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明音声や動画などをリアルタイムに配送するためのプロトコル。UDP上で動作するものがほとんどだが,YoutubeなどではGoogle独自のプロトコルがTCPベースで運用されている。
RTCP
項目説明
略称RTP Control Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明パケット喪失率など通信回路の品質を管理することでRTPの補助を行うためのプロトコル。RTPのデータ転送レートなどを管理する。
SIP/SDP
項目説明
略称Session Initiation(Description)Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明HTTPをベースとし,P2Pのリアルタイムなセッションを確立するためのプロトコル。SIPにおいてマルチメディアセッションの記述にはSDPを用い,マルチメディアデータの送受信はRTPを用いるという関係である。
SIP/SDPの構造化
NTP
項目説明
略称Network Time Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明時刻を同期するためのプロトコル。UDPを用いる。
LDAP
項目説明
略称Lightweight Directory Access Protocol(エルダップ)
レイヤーアプリケーション層
説明ユーザ名やパスワードなどの情報を一元管理する仕組みを規定するプロトコル。具体的には,処理が重いX.500シリーズのDAP(Directory Access Protocol)を軽量化してTCP/IP上で使えるようにしたものである。
SCTP
項目説明
略称Stream Control Transmission Protocol
レイヤートランスポート層
説明TCPと同様に信頼性を担保するためのプロトコル。特徴は下記。
・アプリケーションが定めるメッセージ(チャンク)サイズ単位の送受信
・メッセージの生存時間を定義可能
・一つのホストに複数のネットワークインタフェースを設定できるマルチホーミングに対応
・無線LAN→イーサネットなど使用するNICが変わっても通信を継続可能
・TCPで複数のコネクションを確立する通信を一つのコネクションで実現
DCCP
項目説明
略称Datagram Congestion Control Protocol
レイヤートランスポート層
説明UDPの輻輳制御をサポートするためのプロトコル。特徴は下記。
・コネクションの確立と切断がある
・確認応答を利用してパケットの再送を行うこともできる
UDP-Light
項目説明
略称Lightweight User Datagram Protocol
レイヤートランスポート層
説明UDPのチェックサム機能の対象範囲を必要最低限に絞ることで通信効率を高めたプロトコル。名前からUDPを軽量にしたプロトコルと勘違いされがちだが,実際はUDPを拡張したプロトコルである点に注意する。
OCSP
項目説明
略称Online Certificate Status Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明ディジタル証明書の失効リスト(CRL)をリアルタイムに取得するためのプロトコル。サーバ構築等の下準備が必要である点に注意する。
LACP
項目説明
略称Link Aggregation Control Protocol
レイヤーネットワークインタフェース層
説明リンクアグリゲーションを動的に設定するためのプロトコル。
RMON
項目説明
略称Remote network MONitoring
レイヤーRMON1:ネットワークインタフェース層以下
RMON2:インターネット層以上
説明SNMPでパケットキャプチャを管理装置に送って解析するためのプロトコル。
PLCP
項目説明
略称Physical Layer Convergence Protocol
レイヤー物理層
説明IEEE 802.11(無線LAN)の物理層。有線LANでは同期用のプリアンブルしか定義されていなかったが,無線LANでは同期用のPLCPプリアンブルに加えてMIMOの情報を記載するPLCPヘッダが定義されている。
LLDP
項目説明
略称Link Layer Discovery Protocol
レイヤーネットワークインタフェース層
説明隣接する機器に自身の機器情報をアドバタイズするためのプロトコル。APとPoEスイッチ間でPoE規格や最大供給電力を交渉する際にも利用される。
MLD
項目説明
略称Multicast Listener Discovery
レイヤーインターネット層
説明IPv6においてマルチキャストの受信者を探索するためのプロトコル。IPv4におけるIGMP。
VRRP
項目説明
略称Virtual Router Redundancy Protocol
レイヤーインターネット層
説明L3機器を冗長化するためのプロトコル。
TKIP
項目説明
略称Temporal Key Integrity Protocol
レイヤーネットワークインタフェース層
説明アクセスポイントが認証局と連携してパスワードをセッションごとに生成するためのプロトコル。
NHRP
項目説明
略称Next Hop Resolution Protocol
レイヤーインターネット層
説明トンネル確立時に対向側のIPアドレスを動的に取得するためのプロトコル。IPsecに限らない。
SYSLOG
項目説明
略称System Logging Protocol
レイヤーインターネット層〜トランスポート層
※ SYSLOGが属するレイヤーはICMPと同様
説明IPネットワーク上でログメッセージを転送するためのプロトコル。
CoAP
項目説明
略称Constrained Application Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明IoT向けのプロコトル。性能が限られた機器でも効率的に通信を可能にする。
MQTT
項目説明
略称Message Queuing Telemetry Transport
レイヤーアプリケーション層
説明IoT向けの軽量メッセージングプロコトル。
ALPN
項目説明
略称Application-Layer Protocol Negotiation
レイヤーセッション層〜アプリケーション層
説明TLSハンドシェイク時にTCPの上位層のプロトコルをネゴシエーションするためのプロトコル。HTTP・FTP・IMAPなどが扱われる。Client HelloやServer Helloの拡張フィールドのような扱いで,上位層で使えるプロトコル一覧を送る。
SCIM
項目説明
略称System for Cross-domain Identity Management
レイヤーアプリケーション層
説明IDaaSでプロビジョニングを行うためのプロトコル。IDPとサービス間のHTTP通信を規定しており,REST形式のAPIを通じてJSONでやりとりを行う。
RDAP
項目説明
略称Registration Data Access Protocol
レイヤーアプリケーション層
説明レジストリに登録したデータにアクセスするためのプロトコル。WHOISの後継として標準化されたもの。
・WHOIS:TCP/43でテキスト形式
・RDAP:TCP/80 or TCP/443でJSON形式
FHRP
項目説明
略称First Hop Redundancy Protocol
レイヤーインターネット層
説明デフォルトゲートウェイを冗長化するためのプロトコル。FHRPにはCisco社のルータで利用されるHSRP(Hot Standby Routing Protocol)がよく利用されるが,それ以外であればVRRPがよく利用される。
シェアはこちらからお願いします!

コメント

コメントする

※ Please enter your comments in Japanese to distinguish from spam.

目次