【これなら分かる!】条件付き確率の定義

zuka

こんにちは。
zuka(@beginaid)です。

本記事は「これなら分かる!はじめての数理統計学」シリーズに含まれます。

もし不適切な内容があれば,記事下のコメント欄又はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

目次

条件付き確率

事象$A$と事象$B$に対して,$A$が起こったという条件のもとで$B$が起こる確率を$A$を与えたときの$B$の条件付き確率といい,以下で与えられる。

\begin{align}
P(B|A) &= \frac{P(A\cap B)}{P(A)}
\end{align}

引っかかる人が多い概念だと思います。「起こったという条件のもとってなに?」って思いませんか。私もそう思います。条件って何やねんと。私はいつも条件を「情報(ヒント)が与えられたという設定」と言い換えています。条件付き確率とは,何らかの情報(ヒント)が与えられた場合に定義される確率のことを指しているのです。

参考文献

本稿の執筆にあたり参考にした文献は,以下でリストアップしております。ぜひご参照ください。

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる