【これなら分かる!】統計学を学び始めるにあたって

zuka

こんにちは。
zuka(@beginaid)です。

本記事は「これなら分かる!はじめての数理統計学」シリーズに含まれます。

内容は統計検定1級に準拠しています。もし不適切な内容や誤植があれば,記事下のコメント欄もしくはお問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。

はじめに

情報化社会において,情報を取捨選択する能力がますます問われる時代になりました。インターネットを通じてあらゆる情報が玉石混交に飛び交う中で,適切な情報を正確にキャッチアップするためには,統計学の力が必要になると筆者は考えております。

巷には統計学の名著と呼ばれている書籍がたくさんあります。そのような書籍の多くは,定理を証明なしで提示したり,多種多様な確率分布を体系付けずに乱立させていたりします。筆者自身がこのような書籍に課題を感じたことが,本シリーズ「これなら分かる!はじめての数理統計学」を執筆するに至った直接的なキッカケです。

読者は初学者を想定しています。大学で既に統計学を専門に学ばれている方や,よりエキスパートな内容を求められている方のニーズにはお応えできません。あくまでも,大学教養レベルの数学(線形代数と微分積分の基本的な知識)を身につけたうえで,統計学を学んでみようと考えている人をターゲットにしております。本シリーズは,以下の章で構成されています。

  1. はじめに(本記事)
  2. 確率と確率変数
  3. 確率分布
  4. 統計的推定
  5. 仮説検定
  6. データ解析
  7. 応用手法
  8. 付録

本シリーズはかゆい所に手が届く解説をウリにしています。単発の記事ではなく統計学をある程度体系づけたうえで各論に落とし込むという構成にしていますので,読者の皆さまが迷子になりにくい内容になっています。もし「あれ自分いま何やってるんだっけ?」と迷子になってしまった方は,ぜひ章の冒頭に戻って改めて全体像を把握するようにしてください。

それでは,一緒に楽しんで統計学を学んでいきましょう。

コメント

コメントする